【Walk in Her Shoes】シンプルで健康的な歩く国際協力。

walking

アクション
リンク先で 1.好きな時間、好きな場所で歩く 2.オンラインイベントに参加する 3.自分で企画して寄付を集める 4.「C」の写真を投稿してキャンペーンを広げる
主催
公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
応援する団体
途上国や紛争・災害地域において、困難な状況にある女性と女子の自立を支援する
締切
2021/05/31(月)
詳細

水は日本においてはとても身近な存在であり、私たちが日々の生活の中で、その大切さを意識することはあまりありません。

しかし、世界では、約7億8,500万人が、安全に管理された飲み水へのアクセスが困難です。
加えて、サブサハラ25か国においては、女性は男性の2.3倍もの時間を水汲みに費やしています。
世界の多くの地域では、女性や女の子だからという理由で、水汲みや水の管理など、家庭内での仕事の責任を負わなければいけません。このような仕事はほとんどの場合、給料を払われるものでも、評価されるものでもありません。

彼女たちは学校に行く時間や賃金労働などを犠牲にしたり、人生の様々な機会(チャンス)を、毎日の水汲みの仕事に費やさなければなりません。
長距離にわたり重い水を運ぶことで潜在的な健康リスクにもつながっています。
さらには、水汲みの行き帰りの間に、精神的、性的な危険に遭う可能性もあります。

そんな女性たちの国際支援として生まれた歩く国際協力「Walk in Her Shoes」キャンペーンは、そんな世界の”彼女”たちの気持ちを想像しながら、普段の生活の中で好きな時間に、好きな場所で歩くだけのシンプルで健康的な国際協力です。

支援の方法は下記の通り

  • 好きな時間、好きな場所で歩く
  • 歩いた歩数をアプリやキャンペーンサイトで報告すると、ランキングを楽しめるほか、100歩につき1円が特別協賛企業より寄付されます。

  • オンラインイベントに参加する
  • 自分で企画して寄付を集める
  • 企画例
    ・「一か月学校までの道のりを歩き、水汲みに時間を奪われる女の子や女性について考える」にチャレンジ
    ・「フルマラソン完走&一日15,000歩以上歩く」にチャレンジ
    ・水のろ過方法の実験や、少女たちの一日に関するクイズなど、様々な内容を盛り込んだチャリティーウォークイベント

  • 「C」の写真を投稿してキャンペーンを広げる
  • ウォーキング中や普段の生活の中で、CAREの「C」を作って撮影。
    ハッシュタグ「#歩く国際協力」をつけてSNSに投稿し、歩く国際協力「Walk in Her Shoes」キャンペーンを広める。

「Walk in Her Shoes」は、CARE加盟国のオーストラリア、カナダ、イギリス、アメリカでも実施されている、グローバルなキャンペーンです。
日本では毎年3月8日の国際女性デーにキャンペーンを開始し、2021年は10回目の実施となります。

ウェブサイト
https://www.careintjp.org/walk_in_her_shoes/index.html

コメントを残す