サステナブル・シーフード×スープ作家・有賀薫さんのレシピで、おうちから魚の未来を考えよう。

soup

アクション
サステナブル・シーフードを使ったスープ作家・有賀薫さんのレシピで、スープを使ってSNSに投稿。
主催
MSC(海洋管理協議会)日本事務所、ASC(水産養殖管理協議会)ジャパン
応援する団体
締切
2020/10/30(金)
詳細

現在の外出がしにくい状況でも、家にいながらにして、海洋環境や水産資源を守ることができます。それが、MSC、ASC認証を取得した「サステナブル・シーフード」を選ぶことです。

「おうちから守る魚の未来」をテーマに「サステナブル・シーフード」を購入し、ご自宅で料理を楽しみませんか。

人気スープ作家有賀薫さんによる、MSC、ASC認証シーフードを使ったレシピ動画が公開中です。

レシピは「MSC認証マダラとじゃがいものミルクスープ」、「ASC認証バナメイエビのワンタンスープ」の2メニュー。

スープを作ってTwitterに投稿すると抽選でMSC、ASCのラベルが入ったキッチングッズが80名に当たるキャンペーン中。
詳しくはこちら。
FSC®認証木材を使用したカッティングボード、穴あきスパチュラ、クロス鍋敷き、布製ランチョンマットのセットが当たります。

やり方は簡単!

  1. MSC日本事務所、ASCジャパンの公式Twitterアカウント「@MSC_Japan」、「@ASC_jpn」をフォロー。
  2. MSCまたはASCラベルの付いたサステナブル・シーフードを使い(ラベルがついていたら何でもOK)、有賀薫さんのレシピでスープを作ってその写真を撮影。
  3. スープの写真と、作った感想、「#サステナブルシーフード」、「#MSC」、「#ASC」の3つのハッシュタグを入れて、自分のTwitterアカウントに投稿すると、応募完了。
MEMO
サステナブル・シーフードはイオングループ(イオン、ダイエー、マックスバリュ、マルエツ、カスミ等)、各地域の生協・コープ、イトーヨーカドー、西友、定期宅配サービスらでぃっしゅぼーやなどで購入できます!

MSCとは?
「サステナブル・シーフード」は、大きく「天然」と「養殖」に分かれます。このうち「天然」によるものが、MSC(Marine Stewardship Council:海洋管理協議会)の認証を取得した漁業で獲られた水産物です。
魚を獲る際に、混獲や乱獲による他の魚種や生物への影響、及びその環境に配慮しなければ、豊かな海の生態系が壊れていってしまいます。
MSCは、豊かな海を守るために、水産資源と環境に配慮し適切に管理された、持続可能な漁業の普及に取り組んでいます。

ASCとは?
MSCのような天然の水産物だけでなく、養殖による水産物にも、MSCと同様に認証する仕組みがあります。養殖版の「ASC(Aquaculture Stewardship Council:水産養殖管理協議会)」の認証制度です。
ASCの認証制度は、環境に大きな負担をかけず、地域社会にも配慮した養殖業を「認証」し、「責任ある養殖水産物」であることが一目でわかるよう、ラベルを付けて、マーケットや生活者に届けるものです。

そしてMSC・ASCラベルが付いたサステナブル・シーフードは、加工・流通過程の管理を担うCoC認証を取得した流通・加工・小売店により、サプライチェーンにおいて認証水産物を非認証水産物と区別して管理することが求められ、厳しく管理されています。

ウェブサイト
http://sseafood.net/blog-entry-78.html

コメントを残す