食品ロスを減らすアクションをSNSに投稿でゼロハンガーチャレンジ。

アクション
リンク先で ハッシュタグをコピーできます。SNS(Instagram, Twitter, Facebook, YouTube)に投稿。
主催
国連WFP
応援する団体
途上国の子どもたち
締切
2020/10/31(土)
詳細

国連WFPが1年間に支援できる食料の量、約420万トン。

日本で1年間に廃棄される食料の量、約620万トン。

支援される量の約1.5倍もの食料が日本で捨てられています。

そして世界では6億9,000万人が、飢えに苦しんでいるという事実があります。

ゼロハンガーチャレンジとは?
食品ロス削減の取り組みが寄付となって、途上国の給食支援に役立てられます。

あなたが取り組んだ食品ロスを減らすアクションをSNSに投稿すると、1投稿=120円の寄付になり、国連WFPが途上国の子どもたちに学校給食を届けます。

10月16日は世界食料デー。世界の飢餓や栄養不足と、その解決策について考える日です。この機会に皆さんも食品ロス削減と飢餓ゼロに向けて行動してみませんか?

食品ロスに取り組もう
  • 「買う」:無駄のない買い物や、見切り品や、規格外の食品を利用する。
  • 「作る」:食材を全て使い切る、等。
  • 「食べる」:適量を食べる。余ったら持って帰る、等。

上記の取り組みにハッシュタグ、
#食品ロスゼロアクション
#ゼロハンガー2020
#国連WFP

をつけてSNS(Instagram, Twitter, Facebook, YouTube)へ投稿!

1投稿につき120円が、協力企業から国連WFP協会を通じて、国連WFPによる途上国の学校給食支援に寄付されます!

さらに!
素晴らしい投稿をされた方には、抽選で15名様に賞品がプレゼントされる特典もあり。

注意
※ハッシュタグの前後には半角スペースが必要です。ハッシュタグに不備があった場合、集計の対象外となります。

1人何回でも投稿できるので、ぜひこの機会に食品ロスについて取り組んでみてください。

ウェブサイト
https://www.jawfp.org/worldfoodday2020/#action

コメントを残す