【とろねこチャレンジ第2弾】とろけるように眠れる保護猫たちを増やそう。

sleepycat

アクション
ハッシュタグ「#とろねこチャレンジ」をつけてSNSに投稿、もしくは商品を購入。
主催
花王株式会社、ぺんてる株式会社
応援する団体
特定非営利活動法人「ランコントレ・ミグノン」
締切
2020/11/30(月)
詳細

日本で殺処分されてしまう猫は、犬の4倍にものぼる年間3万頭にもおよびます。
(※環境省自然環境局「犬・猫の引取り及び負傷動物等の収容並びに処分の状況」より)

その一番の原因は、「保護猫の引き取り手」がまだまだ少ないことです。

全国には、たくさんの保護猫団体が存在するものの、行政から預かれる猫の数には上限があります。

「猫を飼いたい人が“保護猫”を引き取る」というシステムがもっと根付けば、その分、保護猫団体が行政から預かれる数が増え、殺処分を減らすことが可能です。

「#とろねこチャレンジ」は、この事実をたくさんの人に知ってもらうことで、投稿数に応じた寄付金を「保護猫の飼い主募集活動」に活用し、引き取り手を増やし、その分の殺処分を減らすために始まりました。

【参加方法】

投稿

猫を飼っている方は眠る猫の写真や動画を、飼っていない方はイラストを「#とろねこチャレンジ」のタグをつけてTwitter、またはInstagramに投稿。
1投稿につき、10円が保護猫の飼い主募集活動に寄付されます。

購入

「#とろねこチャレンジステッカー」のついた商品をお買い上げごとに、50円が保護猫の飼い主募集活動に寄付されます。

皆さんの猫愛あふれるたくさんの投稿のおかげで、第一弾ではたくさんのご支援をいただきました。

新しい家族を待っている猫たちのPRもこれから展開される予定です。

自宅にいる機会が増え、新たに猫を迎える方も多くなってきましたが、保護猫を迎えるという選択肢は普及しきっていません。

保護猫を引き取るという選択肢、雑種の猫の魅力、大人の猫の魅力を伝える活動にご協力いただけたら、保護猫たちにも新たなおうちが見つかりそうです。

引き続き応援いただけると嬉しいです。

ランコントレ・ミグノン代表 友森玲子 様からのメッセージ

ウェブサイト
https://www.kao.co.jp/humming_linne_toroneko/

コメントを残す