おにぎりが世界を変える?! 【簡単】おにぎりアクション2018のすヽめ

“日本のソウルフード”とも言われ、日本に暮らしたことがある人なら誰もがきっと一度は食べたことがある「おにぎり」。

そんなおにぎりを握ったり、食べたり、持って出かけたり。そしてその写真をSNSに投稿すると、地球の裏側のこどもたちに給食が届くという「おにぎりアクション2018」が、10月10日(水)~11月20日(火)まで、実施されています。

おにぎりアクションとは

おにぎりアクションは、世界の食料問題の解決に取り組む特定非営利活動法人TABLE FOR TWO Internationalが、国連が定めた10月16日「世界食料デー」(世界中の人が食べ物や食料問題について考える日)を記念して、実施しています。

おにぎりアクション2018

おにぎりにまつわる写真に、ハッシュタグ #OnigiriAction をつけてSNSに投稿、または特設サイトに投稿すると、1枚の写真投稿につきアフリカの給食5食分に相当する寄付(100円)を協賛企業が提供し、世界の子どもたちに給食をプレゼントできる、という取り組みです。

2015年から毎年1ヶ月半開催されていて、今年は4回目となるそうです。

2017年までの累計で27万枚の写真が集まり、のべ100万人が参加し200万食の給食を届けました。

世界と日本の食糧事情については、こちらでポイントを書きました。
食欲の秋、食品ロス削減レシピのSNS投稿が食料支援になる #ゼロハンガーレシピ

簡単!おにぎりアクションのやり方

やり方はとっても簡単です。

おにぎりアクション2018

  • その1
    おにぎりを作る・買う
  • その2
    おにぎりいただきます&写真撮影
    写真は、「おにぎりの写真」「おにぎりを握っている写真」「おにぎりを食べている写真」など、おにぎりに関連する写真であればOK!
  • その3
    写真を投稿する
    投稿方法は2つあります。

    1.SNSに投稿する
    ハッシュタグ #OnigiriActionをつけて投稿します。
    対象となるSNSは、Twitter, Facebook, InstagramとFiNCです。

    2.特設サイトに投稿する
    こちらの投稿フォームから、写真をアップします。

  • その4
    完了!
    TABLE FOR TWOを通じて、アフリカ・アジアの子どもたちに給食が届きます。

投稿はもちろん無料ですし、期間中(11月20日まで)は何度でも投稿できます。

今年のテーマは“おにぎり持って、最高のおでかけしよう!”となっていて、ピクニックやキャンプなどのおでかけの場で、楽しくおにぎりを食べる投稿が、特に広く呼びかけられています。

記者

行楽シーズンにぴったりですね!

おにぎりアクションやってみた

おにぎりを作って、写真を撮って、ハッシュタグをつけて。

投稿してみました!

ちなみにおにぎりは手前から、しそ・ごま塩・ごぼうおかか、です。

いろいろなおにぎりアクション

ハッシュタグ #OnigiriAction に、プラスするとさらにアクションが広がる、いろいろなキャンペーンもあります。

日産セレナでおにぎりアクション

おにぎりアクション2018
家族史上最高のおでかけで、世界の子どもたちに給食を。

おでかけシーンでのおにぎり写真を「#OnigiriAction #家族史上最高のおでかけ」をつけてSNSに投稿すると、給食10食分が寄付されます。

イオンモールでのイベントもあるようです。
http://www2.nissan.co.jp/SP/SERENA/ONIGIRIACTION2018/

届け!みんなのエアおにぎり

おにぎりアクション2018
あなたのカロリーを、”おにぎり”に変えてアフリカに届けます。

散歩やお出かけ、運動したときなどに、「エアおにぎり」の写真を「#エアおにぎり #OnigiriAction #FiNC」をつけてFiNCアプリまたはSNSに投稿すると、給食5食分が寄付されます。

プレゼントが当たるフォトコンテストも開催されています。
https://events.finc.com/onigiriaction2018

記者

エアおにぎりって、もはやおにぎりじゃないけど…OKだそうです。簡単度No.1です。

「動物おにぎり賞」を受賞するおにぎりフォトグランプリ

こちらは象印マホービンによるキャンペーンです。

動物を模したおにぎりや、動物と一緒におにぎり写真を投稿すると、中から1名に「動物おにぎり大賞supported by 象印マホービン」が贈呈され、さらに圧力IH炊飯ジャー「炎舞炊き」がもらえます。

この他にもたくさんのキャンペーンが実施されています。
詳しくはこちらの特設サイト: https://onigiri-action.com/ 

記者

簡単にできそうなこと・楽しくできそうなことを見つけて、ぜひおにぎりアクションに参加してみてください!

おにぎりアクションについて

日本のソウルフードである「おにぎり」をシンボルとして世界を変える取り組みは世界35ヵ国にも広がっていて、今年も日本を中心に海外でも、実施されるそうです。

Facebookではキャンペーンページがあります。
https://www.facebook.com/onigiri1016

おにぎりアクション企画責任者さんからのコメント

NPO法人TABLE FOR TWO International おにぎりアクション企画責任者 大宮 千絵

NPO法人TABLE FOR TWO International
おにぎりアクション企画責任者
大宮 千絵さん

「日常生活の中で、楽しく気軽に社会貢献に参加できる仕組みをつくりたい。」

「日本の良さを活かして、世界を変える取り組みをつくりたい。」

そんな想いで企画してきたおにぎりアクションは、今年4年目を迎えました。

これまでの3年で、約27万枚の写真投稿をいただき、約9,000人の開発途上国の子どもたちに、一年間分の給食を届けることができました。

これは一重に、おにぎりの写真を投稿してアクションに参加してくださる皆様、発信して広めてくださる皆様、協賛してくださる企業・自治体の皆様のお力があったからこそで、心より御礼を申し上げます。

本年は新たに、”おにぎり持って最高のおでかけしよう!”をテーマに掲げ、リアルイベントを開催するなど、皆様に楽しんでいただけるよう新しい企画にもチャレンジします。

是非本年もご参加いただき、世界の子どもたちにアクションする企画を皆様と一緒につくっていくことができたらと願っています。

NPO 法人 TABLE FOR TWO Internationalについて

NPO法人TABLE FOR TWO International
2007年10月設立。“TABLE FOR TWO”を直訳すると「二人のための食卓」。

先進国の私達と開発途上国の子どもたちが食事を分かち合うというコンセプトの下、社員食堂や店舗でTFTヘルシーメニューを購入すると、代金の内20円が寄付となり、飢えに苦しむ世界の子どもに給食1食分をプレゼントできます。

これまで企業や官公庁、大学、病院など約710団体が参加。

気軽に社会貢献とメタボ予防ができるという一石二鳥な取り組みが人気を呼び、11年間で累計約6,300万食をアフリカのウガンダ、ルワンダ、エチオピア、タンザニア、ケニア、アジアのミャンマー、フィリピンに届けました。

ウェブサイト: http://jp.tablefor2.org/

世界と日本の食糧について

おにぎりよりハードルがちょっと高いですが、余った食材や野菜の皮などを使った料理の写真に「#ゼロハンガーレシピ #wfp」をつけると、食糧支援への寄付になる、という世界食料デーキャンペーン2018「Zero Hunger Challenge~食品ロス×飢餓ゼロ」もあります。
世界と日本の食糧事情についても書いてあります。
食欲の秋、食品ロス削減レシピのSNS投稿が食料支援になる #ゼロハンガーレシピ

フードロスについても、読んでみてください。
少なめの食材を買う人のほうが食べものを捨てている?!日本のフードロスの約半分は会議室じゃなくて家庭で起こっている!!

記者

最後まで、お読みいただきありがとうございました。おにぎり、食べよう!

トップ写真 Photo by みおみおハワイ